2011 fall comments

end-of-semester survey questions and responses

Goh Kawai last updated 2012-01-27 11:30 utc

剛の授業の評価
  • 私の授業を評価してください。
  • 私からの報復やひいきなどを防ぐために、無記名で回答ねがいます。
  • アンケートは全員必須です。理由は、全員が参加した調査(全数調査)と、希望者のみが参加した調査(全員からの無作為抽出でない調査)とでは、統計処理から得られる予測が異なるためです。
  • 剛が用意したこのアンケートと大学が用意したアンケートの2種類があります。それらの違いは次の通りです。
    • 剛が用意したアンケートは剛の授業に固有の側面を調べるので、剛の授業の改善に役立つ。大学が用意したアンケートは多種の授業を大雑把に調べるので、さまざまな教員や科目の成功や失敗を比べられる。
    • 剛が用意したアンケートは回収後ただちに分析され、分析結果の一部が公開され、来学期以降に剛の授業を履修するか否かを学生が判断する資料になる。大学が用意したアンケートは12ヶ月後に分析結果が教員に伝えられ、優秀な教員の氏名と科目名が公開され、優秀な教員の提案や意見が大学内外で重視される。

アンケート第1部 多肢選択
  • マークシート用紙に記入してください。(スキャナで読み取ります。)
  • アンケート用紙に学生番号や氏名を記しては、いけません。匿名アンケートです。
  • 下記の質問に対して、賛成や反対を5段階評価で回答してください。
    1. 大賛成、全くその通りだ
    2. やや賛成、かなり納得できる
    3. 中立、回答できない、わからない
    4. やや反対、あまり納得できない
    5. 大反対、全く納得できない
  • 「シロクロは、とってもかわいい。」 → マークシートに「a」を記入。
  • 下記の「剛」は教員の私を、「あなた」は記入しているあなたをさします。敬称を略します。
回答の平均値を赤字で示します。5点がAを、1点がEを示します。回答者数101人。
  • 1. 4.62 面白い授業だった。
  • 49. 4.58 TA森下義亜の「世界冒険体験」が聞けたのは有意義だった。(2012-01-18, 19実施。当日欠席した人は「c」と回答してください。)
  • 44. 4.53 一般に外国語の授業というものは、いつまでも日本語ばかり使っていても上達しないので、どしどし外国語に触れるべきだ。
  • 41. 4.49 TA若槻由加の「ハワイ大学交換留学体験」が聞けたのは有意義だった。(2012-01-11, 12実施。当日欠席した人は「c」と回答してください。)
  • 16. 4.47 TA (teaching assistant) がいると授業が向上する。
  • 42. 4.45 剛の授業に成績をつけるとすれば、総合して「秀」だ。
  • 37. 4.41 初対面の人と握手や挨拶を練習したのは有意義だった。
  • 6. 4.33 機会があったら、剛の授業を再び受けたい。
  • 7. 4.33 教材が授業内容に適していた。
  • 34. 4.25 以前できなかったことがらが、何か1つ以上できるようになった。
  • 18. 4.24 練習したいろいろな会話は、将来、役立つだろう。
  • 31. 4.21 授業参加の度合いを客観的に測るためにbonus ticketを今後も配るべきだ。
  • 28. 4.20 コンピュータを活用した授業だった。
  • 32. 4.13 TAとの会話のチャンスが多かった。
  • 8. 4.02 Glexaによる予習が授業中の会話活動に役立った。
  • 29. 3.99 英語のみの授業を受けるうちに抵抗がなくなった。
  • 33. 3.98 授業や課題の指示が明解だった。
  • 46. 3.92 成績は絶対評価(基準さえ満たせば「秀」が取れる成績のつけかた。クラス間に成績の格差が生じうる)にすべきだ。
  • 26. 3.91 この授業を取るように友人や後輩に薦めるつもりだ。
  • 48. 3.86 週1回の授業を1学期間にわたり合計15回ほど受けるかわりに、連続3日にわたり英語だけで生活する合宿制の授業(English Camp)があったら、受講したいですか?(宿泊費用は実費約1万円、教材費無料)
  • 2. 3.85 native speaker (母語話者) を授業に呼ぶべきだ。
  • 43. 3.80 シラバス通りの授業だった。(シラバスを読んでいない人は「c」と回答してください。)
  • 14. 3.75 3ヶ月前と比べて英語力が身についた。
  • 3. 3.72 この授業をより高度にした内容の授業があれば履修したい。
  • 24. 3.56 何かをやり遂げた気がする。
  • 45. 3.50 毎週たった2科目(合計180分)の英語の練習では話せるようにならない。
  • 21. 3.46 「大学の英語とはこういうものか」と感動した。
  • 40. 3.30 ビデオ・映画・音楽などをより多く用いるべきだ。
  • 25. 2.86 剛の指示が英語であるため理解しづらく不安だった。
  • 9. 2.73 課題の説明を含め、授業を全て英語で行なうべきだ。
  • 50. 2.51 現在、北大の英語科目は4人の異なる教員が英語1,2,3,4の4科目を教え、学生は毎学期2人の異なる教員から2つの異なる英語科目を学んでいます。もしも1人の教員が1年間を通して教えるとしたら、つまり1年間ずっと同じ教員が同じクラスに英語を教え続けるとしたら、その方が良いと思いますか? 同一教員が継続して指導すると、個々の学生の能力を深く理解し、長期にわたる学習計画が立てられるという利点があります。反面、教員が採用する指導法が学生の期待と食い違うと、学習効率が劣化し、長期にわたり苦痛が続く恐れもあります。教員のシラバスや先輩のレビューなどから適切な教員を選べると仮定して、同一教員による1年間指導が望ましいと思いますか?
  • 22. 2.35 語学の授業では、一般に、日本人教員の授業よりも、native speaker教員の授業が優れている。
  • 39. 2.29 学生同士で課題を添削しあうべきだ。
  • 5. 2.20 剛が日本語をもっと話すべきだ。
  • 23. 2.13 授業内容が平易すぎた。
  • 10. 2.08 WEBごしの宿題よりも授業中に小テストを行なう方が良い。
  • 11. 2.05 学生を指名して(当てて)発言・回答させるべきだ。
  • 12. 2.01 クラスの人数を減らすべきだ。
  • 47. 1.98 成績は相対評価(「秀・優・良・可・不可」が取れる人数の比が定まっている成績のつけかた。クラス間の成績の格差がなくなる)にすべきだ。
  • 30. 1.78 課題や小テストを増やすべきだ。
  • 19. 1.71 日本人同士と英語を練習するのは気が進まない。
  • 27. 1.67 プリントやスライドではなく、一学期を通じて一冊の教科書を使うべきだ。
  • 13. 1.53 授業の目的がわからなかった。
  • 38. 1.44 この程度の内容なら受けなくてもよい授業だった。
  • 20. 1.44 スライドショーはムダである。
  • 4. 1.22 意味のない授業だった。
  • 36. 1.17 TAたちはムダである。
  • 35. 1.13 剛の英語力が低い。
  • 17. 1.08 剛の熱意が全く感じられなかった。
  • 15. 1.08 剛の声が小さい。

アンケート第2部 自由記入
  • マークシート用紙の裏面に記入してください。
  • アンケート用紙に学生番号や氏名を記しては、いけません。
  • みなさんの後輩たちが受ける剛の授業をどのように改善すべきでしょうか?
  • 賞賛・苦情・改良の提案などを自由にたくさんお願いします。
  • 来学期以降の授業に必ず反映します。
  • wed1

  • ・ 楽しい授業だったのが良かったです。先生の話が聞きたくて、朝、早起きできました。sushiネタの話はとっても好きだったのですが、テストになると、あんまり単語を覚えてなくて書けなかったのが残念です。外国人の友達ができたら教えてあげられるように、今からGlexaやり直そうかなとも思っています。先生の授業はそれくらい楽しかったです。テストのために勉強しようとかではなくて、楽しいからもっとやってみようと思える授業は生まれて初めてでした(大げさではなく!)。終わってしまうのが寂しいです。最後にもう一回パーティしたかった!!!来年先生が英語演習の授業とかやるんだったら絶対受けたいです。してください!留学生とお話しできる機会とかが授業にあればますます受けたいです!!イカ娘おもしろいですね♡
  • ・ 改善…という事は特にないので、このまま話す機会の多いたのしい授業を続けていって欲しい。剛先生の授業は強制をする事がなく、自ら参加しに行く事が多い分、コミュニケーションが極端に苦手な人間は取り残される不安があるのかなと少し思いましたが、結構苦手な私でも、先生やTAから話しかけられてゆくうちに次第に慣れていけたので、これからも話しかけて下さると苦手な人も安心すると思います!
  • ・ TAとの会話における評価を高くした方がいい。
  • ・ テーマごとの会話だけでなく、全くの雑談を英語でする機会があればいいと思う。
  • ・ 半年間ご指導ありがとうございました。チャンスがあればぜひまた先生の受業を受けたいと思います。
  • ・ お世話になりました。
  • ・ 改善すべき点は特にないと思います。このまま続けていってほしいです。毎週剛先生の授業に出席するのが私の楽しみでした。TAの数が多かったり、ボーナスチケット制度があったり、何より先生の英語が聞き取りやすかったです。以前よりも英語が大好きになりました。ありがとうございました。
  • ・ conversationの内容をもっと変化をつけるべき。
  • ・ 英語力以前に、自分を表現しようと格闘することの大切さに気づかせてもらえました。ありがとうございます。
  • ・ 50については英語においても体験期間を設け、定員オーバーにある程度対応がきくという前提条件つきでb
  • ・ 人見知りな自分にはなかなか辛い状況もあったが、良い経験になった。
  • ・ 初回の授業の注意書き(こうするとポイントがとれますよとか、こうすると不可ですよ、とか)を日本語で書いたり色をつけて強調すると出席率やみんなの積極性が上がると思います。海外旅行や留学などの体験などは普通聞く機会がないので、人生において役に立ったと言っても過言ではないです。TAがたくさんいてくれたので、積極的に授業に参加できました。
  • ・ 会話に”文法”はそこまで必要ではないのかもしれないが、”文法”に自信がないので話すのをためらってしまった。”文法”を学びたかった。
  • ・ その日習う会話フレーズを覚え、それを元に色々な人と英会話するシステムはとても良いと思う。反復練習にもなるので頭にすっと入ってきた。今後も続けてほしいです。ボーナスカードについて。授業の参加度具合を客観的に見るという目的は理解できる。しかし、質問が簡単すぎると思う。クラークが生まれた年を答えるなど小学生でも答えられるような質問ばかりだった。大学で何故こんなことに挙手して答えなければいけないのか。大学生に対する質問をしてほしい。
  • wed2

  • ・ 連絡などの意味を間違えることがあったので、必要に応じて重要な連絡は日本語を少しでも使った方が誤解が減少し、良くなると思った。
  • ・ おもしろくて好きな授業でした。TAの方ともっと話したかったです。生徒数が多いのでなかなかTAをつかまえられなかったです。ボーナスチケットはいい制度だと思います。
  • ・ 英語でのプレゼンは”アウトプット”として非常に有効だと思った。今後も続けてほしい。留学経験者の話は、2回とも大変参考になったし、留学に対する意識が高まったように思われる。
  • ・ 毎週課題があるのは辛い。減らして欲しい。授業を全部英語で話すのは賛成だが課題についての説明を聞き逃したときのためにプリントに日本語で補足説明が欲しい。
  • ・ 半年でしたが、英語に親しみが持てるようになりました。入試に使ってきた難しい文法、単語ではなく、会話に出てくるようなわかりやすくシンプルな英語を覚えました。また、TAの方のお話が聞けたのも、非常に勉強になりました。ただ、まだ自分の英語が海外で通じるのか不安なので、発音に関してもっと勉強できる機会があると良いと思いました。
  • ・ もう少し人数を減らして、より濃くやっていけると(剛先生とかTAの方々と話すチャンス増加)もっと良くなると思います。それか、逆にTAの人数を増やすとかが良いと思います。期末テストが難しい!というよりは、分かるけど書けない(スペルが分からなくて)ということが多くなってしまったので、Glexaの課題の中で打ち込ませるとかをしたら、もっと良いと思います。この授業を受けて本当に良かったと思います。何より、英語がこわくなくなったので!!(まだ全然できませんが…)このような授業があれば、意欲的に取り組めると思います。半年間ありがとうございました。おつかれさまでした。
  • ・ とにかく積極的に英語で話すことが求められており、英語力が向上しました。またクラスの雰囲気も良く、毎週楽しかったです。
  • ・ 楽しい授業でした。しっかり出席して、課題もまじめにやっていればきちんと評価してもらえるのが良かったです。最初は会話のときに英語がつまって全然話せなかったんですが、少しは改善されたような気がします。授業内容もいろいろな内容があって楽しめました!半年間ありがとうございました!
  • ・ I think this class is a very nice class. Thank you very much!
  • ・ たまに、今日の授業で何するかという説明のイミが分からなくてあわててTAにきいたことがなんどかありました。ときどき人によって理解しているやり方がちがっていたりして困りました。
  • ・ 剛先生の授業を受けたことで、学習(英語に限らず)に対するモチベーションが上がりました。週一回の授業で英語力を向上させるのは難しいと思いますが、それをきっかけに自ら学習することに効果があるのではと思います。それから、もしも剛先生の合宿制授業があったら、ぜひ受講したいです!
  • ・ bonus ticketは学生の授業参加を促すよい道具である。しかし、bonus ticket手得のためだけに発表していた学生がいたのではないかと思う。積極的な授業参加の目的は英語力の向上であり、bonus ticket手得ではない。
  • ・ 50について、半年で区切っても、1年間継続しても良いような選択制なら良いと思われる。
  • ・ Glexaを予習や復習に利用して授業で扱う内容をピンポイントで準備することができたので、他の授業よりも格段に意義のある授業をうけることができました。授業の中での会話練習は、授業で話す課題に加え、普段するような内容を英語で行うことで、とても新鮮に感じられました。英語が科目ではなく相手とやりとりをするための道具であるということにも、少しですが気付くことができ、これからの勉強のモチベーションアップにつながると思います。会話練習は回を追うごとにその内容が長くなっていき、一人あたりと話す時間も長くなりました。ただ、その分、はじめの方の授業のように何人もと話す機会が減ってしまったのは残念でした。
  • ・ 先生が行った外国の話を聞けたのが良かったです。先生は英語で話していましたが、とてもおもしろかったので理解しようと頑張って聞きました。TAやクラスメイトと英語でたくさん話したので、よく分からなくても英語を話してみようという気になりました。
  • ・ 日本人はシャイで自ら発言したがらないとよく言われますが、それを発言すればボーナスポイントがもらえるという形式によりこの授業では解消できていると思います。しかし、何に対してもボーナスポイントを使ってしまうのもちょっと…と思いました。アメリカ主義的な感じがします。もっともボーナスポイントを与えないと発言する人は少なくなるだろうし、自分も何か賞賛をもらえると嬉しいのですが。先生の授業は英語の一番よいアウトプット法だと思います。英語を運用する力が身につきました。ありがとうございました!
  • ・ 最初の方の講義で自己紹介の対話練習があったが、同じ内容の会話が何週も続いてしまったので、もっと他の内容で対話がしたかった。
  • ・ TAと会話したくても、順番待ちがいたり、会話が終わるタイミングが合わなかったりして話せない時があった。1人のTAが担当する範囲を座席で決めたりすればいいかと思った。初対面の同じぐらいの英語のレベルの人と話せたことはよかった。楽しい授業だった。先生やTAが優しくて親切だった。Glexaの録音課題を学校でやらなければならなかったので、少し気が滅入った。
  • ・ 機械的に教科書を読んだりするのではなく、積極的に会話などを通して英語を学ぶ形式は新鮮であり、とても実用的だったと思います。このような授業は必要だと思うのでぜひ続けていって下さい。
  • ・ クラス全員とほぼ話せたので、初対面の人とも話せた所がよかった。この授業で友だちができた。また、剛先生の旅行のスライドショーやゆうかさんの留学の話など面白い話が沢山聞けたことも、とても良かった。ゆうかさんの話を聞いて、留学は大学入学くらいから決意して行くものだと思っていたけれど長期休暇を利用して行ってみようかと思った。家のパソコンで録音ができないので、課題をやる部分だけ少しおっくうだったけれどあとはこの授業を取って良かったなと思った。ボーナスポイントでみんな発言がしやすいところも良いと思う。全体を通して面白い授業だった。
  • ・ 履修希望者が多くもれるともったいないけれど、できれば1クラスの人数がもう少し少ない方が良いと思います。理由は、剛先生やTAの指導がより1人1人の学生に行きとどくと思うからです。英語で積極的に会話をするのは良かったけれど、日本人同士だと、なんだかイマイチ正しくない英語でも通じたり、日本語が混じってしまったり、更には日本語で雑談にまで広がってしまう時もありました。個々人の問題かもしれませんが、適度な緊張感があればなと思います。剛先生がずっと英語で授業をすること、Glexa課題で発声させること、授業中に外国の写真のスライドショーを見せること、留学・旅行体験を聞けたことなどはとてもためになりました。全体的に楽しく面白い授業でした。履修できて良かったです。
  • ・ GlexaがInternet Explorerで使えないのは不便。
  • ・ 自由に英語で会話する時間があってもよかったと思う。
  • wed4

  • ・ このままがんばってください。
  • ・ 課題の説明をするときに、少しだけでも日本語を混ぜた方がいいと思った。
  • ・ 英会話を中心とした授業である以上、もっとネイティブとの会話機会を増やしてほしい。
  • ・ 課題の説明などは多少の日本語を使ってほしいです。今まで受けたことがない授業の形式で楽しかったです。
  • ・ 会話練習によって英語に触れる機会が多く、とても有意義だった。Ika-chan is cute.
  • ・ 会話表現を繰り返し行なうことが大切。英語を実際に使うことはとても重要だし、質がいい英語に多く触れることも重要なので、TAの数を増やすことで、自分より次元の高い英語を聴けるように。
  • ・ 英語を話すのがより楽しくなった。流ちょうに話せないが、この間スキー場で英語で道をたずねられたときに英語で説明できて、この授業のおかげかなと感じた。
  • ・ 課題の指示に関しては、日本語訳をつけるべきだ。発表ごとの受講票の配布ではなく、グレクサ上にその週にした発表回数を記入する欄をもうけた方が授業が静かにできる。
  • ・ お疲れ様でした。半年間ありがとうございます。今までにあまり受けたことのない英語の授業で新鮮でした。実際の会話の練習など、する機会がなく、とてもためになったと思います。道行く外国人に今すぐにでも道をきかれたいです。授業ではあまり発言しませんでした。積極的な人になりたいです。
  • ・ 剛先生が毎回の授業中皆の前で説明をしているのを何ごともなく聞いていましたが、12月ごろ、いざ自分が発表するとなると緊張して上手く言えず発表することの難しさを感じました。しかし、発表の前までに、英文を添削してもらえたのはどこを直せば良いか分かり、助かりました。ハロウィンやクリスマスなどのイベントも楽しく、楽しいからこそ次に英語の授業もがんばろうと思えました。半年の間ありがとうございました。
  • ・ 楽しく授業をうけることができました。自分が伝えたいことを一瞬で英語にするには会話の経験をつむことも大事なんだと思いました。何より英語を話すことが苦じゃなくなったことが大きかったです。もっといろんな人と話してみたいです。留学センターにのりこんでみたいと思いました。(笑)
  • ・ すごく面白かったです。可愛い女の子と手をつなげてよかった。人見知りの人とかはきつかったかもしれないけど生徒間のコミュニケーションがとれるいい機会だと思う。北大の場所の紹介はもっとパターンを増やすといいと思う。期末テストが軽めなのも他への配慮がきいててよかった。いやほんということなしです。ありがとうございました。でも最後のテスト長すぎかもしれないです。たいくつです。
  • ・ 授業はとても楽しかったです。半年間の授業の中で徐々に座席が固定化されていって、E309のような形の教室だと、座席が自然と2手に分かれるので、会話練習のときに、心掛けてはいても、わりと同じ側に座っている人と話しがちになりました。座席を何回かに一回でもくじ引き等でランダムに決めると、近くに座る人が変わるので、もっと多くの人と話せるようになる気がします。ただ、これは人にもよるし、座席を指定するのは面倒だと思うので、各個人がもっと心掛けるというのもよいと思います…。
  • ・ まず、英語に限らず大学の授業というものは一方的に情報が流されていくようなものだろうとイメージしていましたが、この授業を通してとても印象が変わりました。特に、先生に顔と名前を覚えられる(できれば良い意味で)ことがこれ程学習意欲を高めるとは思っていませんでした。是非続けていって欲しいと思います。また、極めて基礎的な英語が基となっていましたが、正直最初はこれで大丈夫なのかと不安に思うこともありました。でも知らない人とどんどん話していくにつれて、言語を活かすということは、普段ある程度想定できるような状況の中で自分の気持ちを相手に伝えられる、ということが実感できるようになりました。私は、この授業が来年全く同じ形式ですすめられても全然問題ないと思います。有難うございました。
  • ・ 生徒の自主性が尊重されるのと、簡単な英語でもどんどん使うという姿勢は、語学は使わないと意味がないのでいいと思いました。難しい文をよんだり、文法を使ったりという授業と一緒にうけるといいのではないかと思いました。でも私の高校は剛さんみたいな授業もあったので、あまり新鮮味は感じませんでした。本当はそれでディベートとかできるといいと思うのですが、英語力も積極性も日本人にはないので難しいのかなと思いました。(私も人のことは言えませんが)毎回英語の説明でしたがききとりやすく、課題も適量で負担にならなくてよかったです。ひとつきになったのが、発表して質問させるという場面で、発表者が発表していた内容を質問している人が結構いた気がします。きけなかったのかもしれないし、しょうがないのかもしれませんが。自主性は大切だと思いますが、その辺は注意しないのかなと思いました。(きいてた人損みたいな感なので)あとは、ホームスティ体験談ではなくて、英ゴ圏の人をつれてきて自国について発表してもらうみたいのもいいんじゃないかなって思いました。あとTAの人で文法いってくれる人といってくれない人がいたのでそろえた方がいいと思います。以上です、ありがとうございました。
  • ・ とても楽しい授業であったため、改善点は特に見当たらない。むしろこういった授業形態は初めてでこんないい方法があったのかと感動している。glexaとても好きです。変な緊張感もなく、挙手をして答えるスタイルは私はそんなに好きではなかったのだが、この授業のように発言を多いに促してくれ、また嫌な空気も流れないという初めての状況によって、とても有意義で素敵だと思った。TAの数も会話を目的にしているとわかっていてもたくさんいてくれてよかった。話したいときに話せないことも多少はあったがそんなのは次の週のFree Talkingで忘れてしまうくらい会話の機会があったことが嬉しかった。同じ会話を数週続けるのは退屈かと思ったが、最初の頃のMarkとJuneの会話が自然と頭に浮かんできたことから、必要だったと考えた。受験英語は確かに自分を助けてくれたけど、言葉にしなければ人を助けることは出来ないと実感した。最高の授業だった。またぜひ受けたいが、1年生の今、この授業をこのメンバーで受けられたことを誇りに思ってます。
  • thu1

  • ・ 英語を話すことに抵抗を感じなくなったことが一番良かった。
  • ・ プレゼンテーションを行う時の固定表現やあいさつをもっと教えて欲しかった。
  • ・ TAの海外での体験談は外国に興味をもつきっかけにもなるので今後も続けるべきだと思いました。
  • ・ TAの人数は、その日に行う会話練習に要する時間によって増減させるべき(TAと話す機会があまりなかった日があった)授業アンケートをテスト時間中に行うのは望ましくない(匿名で記入していたとしても、教員が試験時間中に回答内容を確認することができてしまうため)
  • ・ たくさん英語で会話できたのがよかったと思う。留学や世界の話はとても有意義
  • ・ 大事な部分の説明をのりこさんが日本語でちょっと説明してくれるのは本当に助かりました。しかし、大体の説明は英語でよかったと思います。集中しますから英語を聞き取る能力もあがりますので。そこで、もし、大事な課題についてなどで聞きそこねてしまったところがあった場合には日本語でおぎなう形でいいと思います。他の教科との兼ね合いもありますし、課題量もちょうどよかったと思います。総合入試になってから勉強量や頑張り具合が上がったという話も聞くので。二学期にこの授業をとって本当によかったと思います。ありがとうございました。
  • ・ 授業の形式はこのままで全然いいと思います。剛先生のように授業中、英語しか使われないのは最初のうちは困惑しましたが、回を重ねるごとに抵抗もなくなって英語も聞き取れるようになりました。ぜひ後輩たちにも積極的に英語にふれてほしいです。
  • ・ 授業に参加したらボーナスポイントがもらえる方式はすごく良いと思います。去年からの総合入試制度によってみんな良い成績を欲しがっているし、何より英語は話さないと身につかないので、一石二鳥だと思う。