Anonymous comments from students in 2005 spring semester

  • Solicited at the last class period.
  • All students participated.
  • All write-in comments are shown below.

Monday 5th period, English Seminar H (online learning), any student or staff
  • I co-taught this course. Ask Takashi Tsuchinaga for student comments.

Tuesday 4th period, English III-W (speed reading and presentation bootcamp), law and education sophomores
  • プレゼンの方法を学べたことは、とても有意義だったと思います。ただ、授業の時間外でのプレゼン準備は相当に大変でした。他学部のチームメイトと練習のための予定を合わせるのが特に大変でした。でも、他学部の人とチームを組んだことで、様々な意見が聞けたという利点もありました。
  • 剛先生の漫談は大好きなのですが、ずっと座ってきいているのはつらいので、途中に何かActivityをはさんでもらえるとうれしいです。自分の発表が終わると、ほとんど何もしなくてよいので楽でした。教材がウェブから見られるのがうれしかったです。全体的に剛先生の授業は好印象です。北大の先生がみんな剛先生みたいに生徒をもりあげてくれたら、もっと英語が楽しくなるのではないかと思います。
  • とても楽しく授業をうけることができました。一方通行の授業ではなく、学生たちも”参加している”授業だと思いました。英語の力だけでなく、プレゼンテーションのこと、アメリカのこと、他にもさまざまのことを学べたと思います。剛先生のお話もいつもとてもおもしろく、いつも新しい発見があり、楽しみの1つでした。また機会があれば剛先生の授業を履習したいです。半年間ありがとうございました。
  • 今のままで十分おもしろいです。堅苦しくない授業で英語に親しめました。他学部の子と組むとスケジュールが合いにくいので、もっとプレゼンの準備期間を長くするか、学部ごとに分けた方がより内容の濃いプレゼンになると思います。(問40の費用一万円 - これはちょっと高いのでは…。)
  • CALL教室のわりにPCを利用する授業が少なかったことが若干残念。
  • 剛先生の講義を通して、自分がpresentationの能力を高めたと思う。ありがとうございました。
  • プレゼンの準備は大変だったけれど、Voice Chatなどを用いて発音の練習もできたし、コメントを返してもらえたのが嬉しかったです。楽しい話をたくさん聞かせてくれてありがとうございました。シロクロかわいいと思います。
  • Open testは良いと思う。たしかに、実社会では暗記力よりリツールを使いこなす力の方が役立つと思うので。他の先生よりも「これから」を考えた講義でよかったと思う。自衛隊は既に海外侵攻しています。
  • 授業の前半は課題さえやっていれば良い、という状況で、これでいいのか、と不安になった。こっちとしては、楽で良かったですが、授業としては”?”だと思います。
  • 先生の漫談はとてもおもしろかったのでこれからも続けてほしいです。はじめの方の授業であった小テストの論文を読むやつは、ちゃんと読んでいてもきびしいものがあったと思います。WEBを使った授業はこれからどんどん増えるとは思いますが、インターネットやパソコンの環境が整っていない学生の事も考えてくれるとうれしい。今回のチームホルダが作られた事はよかったと思う。
  • 話を聞いてる時間がありすぎたので、もっと作業をする時間が欲しかったです。またシラバスには発音の練習をするとも書いてあったのですが実際は回数が少なく、もっと具体的に何をすべきか提示して欲しかったです。
  • チームメイトはやはり自分達で選びたい。確かに他学部の人とやることは有意義とは思うが、とってる授業が全くちがうため、空きコマとかがあまり合わず集まるのが大変だった。ただ、英語でプレゼンというのはおもしろかったです。途中でアドバイスが入ったりして大変勉強になりました。
  • パソコンが少し苦手だったり、チームフォルダは理解してからはすごく便利でしたがわかるまでは少しおどおどしてしまった気がするので、方法などをもっと学びたかった。以上をはじめ、パソコンが少し苦手な私にとっては、それだけで少し苦手意識を持ってしまうことも少しあったし、シラバスにも、すごく難しそう、という印象をうけて、おびえていたので、みんなにもっとわかりやすく、というのを望みます。でも結果的に、剛先生の説明はわかりやすくて、授業で解決できたし、話は楽しかったし、ためになったし、で大満足です!この調子で頑張って下さい。後輩たちにも良い授業を。
  • 授業内容にはスゴく満足してます。先生は楽しいし、英語の発音も素晴しい。私としてはもうちょっとボイス・チャットの機会が多かったらよかったのになあと思いました。
  • 漫談が面白く、先生の博識さに感動しました。夫人との熱愛っぷりも微笑しいものでした。プレゼンは達成感があったので、授業にプレゼンを取り入れてくれたことを感謝します。
  • とても面白かったし、今までの英語の授業で一番楽しかったです。シラバスを読んだときに、めちゃくちゃまじめで厳しい授業だと思ったのですが、まったくそんなことはなく本当に楽しかったです。特に漫談が多いのがよくて、英語よりも人生の勉強になったというかんじでした。課題の量がきつくて、予習ほとんどできなくて英語の力が全くついたかんじがしないのが残念です。もっとまじめにしてればよかったなあと思います。この授業で勉強のしかた、教員のえらびかた、などの「やり方」を教われて本当によかったと思います。
  • プレゼンテーションへのコメント(チームフォルダへの)をもう少し早くのせてあげると、改善する時間が増えて、よりよいプレゼンをする手助けとなるのではないかと思います。私は今回、先生のコメントをみてからプレゼンまでの時間が短すぎて、深く考えずに言われるまま直すという形になってしまいました。また、大学側の要求なら仕方ないかもしれませんが、大学のくせに相対評価だなんて絶対おかしいと私は思います。
  • 漫談はおもしろかったが授業中にも、もっと英語を使う授業もするとよいと思います。宿題は多かったが授業内でやることがあまりないので、プレゼン以外の時間にも英語をやるとより勉強した気になると思いました。でも先生の話はいつもおもしろくて楽しみにしてました。今までにないタイプの英語の授業で、アメリカなど世界について知らなかったことをきけたし、とても役に立ったと思います。
  • 先生の話はとてもおもしろく、特に海外での実体験の話は勉強になったので、どんどん話していって欲しいです。また、プレゼンも、将来的に絶対やることになると思うので、プレゼンについての知識など得ることができてよかったです。
  • 漫談はとてもおもしろかったです。プレゼンの添削はもう少し早めにしてもらいたかったです。きちんとやるべきことをすればよいという授業の形態はとても明快でありよかったです。
  • プレゼンをして、みんなで評価し合うのが、すごく良かったと思います。自分達が気付かなかったところを知れたのは、とてもいい経験になりました。あと、プレゼンのパワーポイントに対するコメント付けがもう少し早かったら良かったです。先生のアメリカでの経験談はとても面白かったし、ある意味で、勉強にもなったので、もっと取り入れたらいいと思います。

Wednesday 1st period, English II (speed reading and presentation bootcamp), agriculture freshmen
  • プレゼンの話し合いの場を授業中に設けてほしかった。
  • ためになる面白い話が多くて楽しかった。プレゼンの添削が早ければもっと良かった。プレゼンテーションは非常に役に立つと思う。
  • 初めのころの毎回の小テストは2週に一度とした方がよい。もっと英語で話して欲しい。
  • 最初の読書課題は量が多く、読まずに最初から放棄していた。もう少し量が少なかったら少しはよんでいたと思う。
  • プレゼンテーション苦手な人はかわいそう。得意な人はいいけど。評価は結果でなく、プロセスに対してすべきである。
  • 正直言って何でもいいからテーマを選んでプレゼンしろというのは少し乱暴だと思った。各々に部活などでの時間の制約があり、そのうえでしゃべったことのない人たちと共同作業を授業外でせよというのは非常に大変だった。
  • プレゼンの準備が文化祭に重なると非常に急がしいので、そこは考慮して発表の日程を決めるべきである。
  • 楽しかったです。
  • プレゼンの準備はすごく大変だったけど、すごくいい練習になったと思います。
  • 他の英語の先生と授業の内容がかなり違うようで相当の負担だったが、今後のために役に立ったと思う。
  • 今までで十分すばらしいと思いますが、小テストの課題の英文を少し減らした方が取り組みやすくなりより良いと思います。小テストの内容には”タイトルの名前””authorの名前”などを答えさせる問題も良いのですが、もう少し内容に踏み込んでも良いと思います。とてもやりがいのある授業でした。ありがとうございました。
  • 1時間目じゃないといいのに…。HPで色々な情報を得られたのが良かったです。お互いがんばりましょう。
  • 大すじはこんな感じでいいと思います。パソコンが苦手な人が、チームフォルダの使用をためらいがちでした。便利なので、もっと使用をうながして欲しいです。
  • 自分の将来の役に立つこと(論文を読んだり、目次の見方、ISBN、さくいんの見方、プレゼン)をここで学べたことは、本当に良かったと思う。しかも、特に難しい小テストでなかったことが、次もちゃんとよんでこようという気につながり、読むのが嫌いにならなかった。他の授業の様子を友達に聞くと、ただ一文一文訳していって、派生語がテストに出たりと、高校の授業の延長でしかないと言っていたので、それに比べると、この授業を受けれて幸せでした。
  • 後半はもう少し英語の文章を読む機会が多いといいなとは思ったが、正直、Callに比べ、非常にためになった。(ほんとに)プレゼンを英語でやりとげた、というのは財産になると思うし、”科学者”向きの授業という感じで人生にいきる授業だったと思った。今後も先生の選び方や生きていくのに必要なことを教えていって下さい。
  • 小テストでまちがえた所が、最後まで克服できなかったのでウェブ上で公開してほしい。また、授業でISBN番号とかのみ方を、公開して欲しい。ビデオ以外で。
  • Power Pointでのプレゼンテーションは発表するしないに関わらず、個人で、1度作ってみた方が良かったと思う。経験者と未経験者の差がはっきりと現れてしまった。テーマを共通のものにして、簡単なスライドを作ってみてからチームでの作業とした方が、より充実したプレゼンができると思う。
  • 他のクラスのようなひたすら英文を読む授業ではなく、プレゼンなどの視覚的な授業がとてもおもしろかったし有効でした。これからもこんな変わった授業を続けていってほしいと思います。
  • 先生は今まで会った英語教員で一番発音がうまいと思いました。知識も豊富で、先生のように喋れたら素敵だなあと思った。英語の授業を受けているというよりはLet's talk in English!みたいな軽い感じがここちよかった。
  • 他のクラスでパソコンでずっとTOEFLの勉強をしているのに比べたら、授業でしか学べないことを多く学べたのでこの授業は良かった。雑談をときどき英語でしたらおもしろいと思う。
  • 宿題の論文が難しすぎる。日本語で書かれていても理解できないと思う。プレゼンは為になって面白かった。余談だが、賞が取れたのが嬉しかった!
  • 剛先生には英作文や会話の指導をしてほしい。先生なら適格な指示を与えてくれそうだからです。授業はとても楽しかったです。論文などの速読方もプレゼンテーションの仕方も良くわかりました。
  • この授業をとっていると、必然的に剛先生のHPへ行くことが多かったです。HPをもっとかわいく、シロクロをたくさんのせたりしてくれたら、楽しいし面白いと思います。先生にメールをしたらすぐに返事がくるし、授業も、私が聞く限り他の授業よりも楽しいし、充実していたので、とても満足しています。ありがとうございました。
  • プレゼンをするのが初めてで、準備がすごく大変だったけど、確実に自分のためになったと実感している。見やすいスライドの作り方やパワーポイントの使い方などを習得できて有意義だった。毎回授業の度に面白い話を聞けて本当に楽しい授業だった。ただ、単語などのテストがない分、受験期より単語力が落ちてしまった。授業は今のままでいいと思うけど、プレゼンが終わったあとは暇だったので、家で英語の勉強をすべきだった。
  • プレゼンのしかたを学べたのがとても有意義だった。(他の授業では学べないが必要性が高いと思うから。)剛先生の話はとてもおもしろかった。でももう少し英語で話してもいいと思う。課題は大変だったが、課題がないと英語に触れなかったかもしれない。課題の内容が理系のものだったのは非常に良かった。私たちのことを考えてくれているのがわかった。熱意が伝わった。プレゼンを英語でしたのはとても良かった。自分で文を組み立て、話すことは楽しみながらの英語の勉強になったと思う。ぜひこのような授業を続けていってほしい。
  • 私は先生の授業が面白くて好きでした。課題として出されると必然的に英語を読むことになるのでよかった。改善するならば、もう少し普段の授業から生徒参加型にしてみてはどうか?参加機会が少ないと受け身になりがち。日本人ですから。
  • 高校までの英語の授業とは違った新鮮な授業でした。楽しく勉強できたし、プレゼンはいい経験になったと思います。プレゼンの授業は来年以降も続けていった方が良いと思います。
  • 変えることはないと思います。とても面白い授業でした!でも最初の小テストは少しきつかったです。全部読まなくていいとはいえ、プレッシャーがかかるのでもう少し薄い(難易度はあのくらいで良い)と思います。ありがとうございました。私のかってに証定…AAA
  • 剛先生の話はとてもおもしろかったので、もっといろいろな話するべきだと思う。プレゼンテーションは将来とても役に立つので来学期以降もぜひやってほしい。でも、プレゼンに対する剛のコメントはもう少し早めにつけてほしい。生徒がもう少し英語を話すような授業をした方がいいと思う。
  • 授業内容がすべてWebから確認できるのが便利(特に復習で)授業毎にパワーポイントを使うのを見ることもスライド作成の参考になった。小テストの課題の量は適切だが評価が低めなのが残念。労力につり合わないとめげそうになる。
  • プレゼンテーションの授業は、とても有意義だった。初めてプレゼンテーションを経験したが、これから役に立つと思う。パワーポイントの使い方を学習したおかげで、情報処理の授業でとても役に立った。ファイルを一つにする方法とか最初わからなかったし、Webページを授業でよく利用していたので、できればコンピュータルームで授業を行なった方が良い。今まで英語の文章をただ訳していたが、課題をやったことで図や表、題名がいかに大事かがわかった。
  • 講義中に生徒に絡むときに、勝手に絡んで勝手に講義を続ける、みたいな印象をもったので、生徒のリアクションを待ってから続けたほうが、生徒にとってより楽しい講義になると思う。剛先生のおかげでこの3ヶ月ちょいの間、英語がとても楽しいものだと感じた。どうもありがとうございました。
  • 剛先生の授業は実用的で、しかも楽しくて最高だった。また剛先生の授業を受けたい。プレゼンテーションは準備が大変だったけど、発表の仕方もわかったし、とても有意義だった。パソコンの使い方がよくわからなかったので、授業でフォルダの使い方などをもう少し詳しく説明してほしかった。剛先生、熱い授業をどうもありがとうございました!
  • 剛先生の授業、いつも楽しく聞かせてもらいました。毎回授業が楽しみでした。英語でプレゼンをやると聞いた時、最初はどうしようと思ったけど、終わってみると、色々な力(英語だけでなく)がついたと思います。こうゆう経験ができてよかったと思います。もう剛先生の授業がないのはとても寂しいです。また機会があったら授業をうけたいです!!剛先生大好きです。今までありがとうございました。
  • 受験時に身につけたような英語の力(文法とかイディオムとか)はかなり落ちたと思うけど、英語でプレゼンテーションをするという貴重な経験をすることができて本当に良かったです。私の班は準備が十分にできていなくて当日も先生に迷惑をおかけしてしまい、すみませんでした。反省すべき点がたくさんあり、今度このような機会があったら絶対もっとうまくやってやろうという気になりました。でも先生の部屋に入れてLuckyでした。改良の提案としては、PCに弱い人が1グループにかたまってしまうとかなり不利(それなりに得るものはあるけど)なので、Power Pointやチームフォルダの使い方を一度PCのある教室で実践させたり、チーム分けを工夫したりすると良いのではないかと思いました。

Friday 1st period, English IV (speed reading and TOEFL bootcamp), fisheries sophomores
  • 1限なのがつらかったが、授業自体はとてもおもしろくてためになるものでした。ただ、少しコンピュータの使い方がイマイチ分からなかったです。
  • 評価の基準が明確になるよう、小テストの難易度はもう少し高くていいように思います。
  • 私は留学生ですから、英語の授業はいちばん多くしゃべることが英語のほうがいいと思います。だからもし、先生はさらに多くの英語を言ったらいいと思います。
  • 外国の生活などの話をしてくれたのが楽しかったし知らない知識が増えた。毎回授業が楽しみだった^ロ^
  • 漫談がおもしろかった。研究室のえらび方の話がとてもありがたい。
  • とても楽しく授業を受けることができました。
  • 1週間のうち唯一の1限の講義だったが、先生の講義だったので、朝も起きられた。
  • とても参考になりおもしろかったし、よかったです。全員のこうしが先生のようならいいのにとも思いました。しいて、言うなら、評価のラインをもっと早めに明確にしてもらいたかったです。
  • あなたの方針を変える必要はないと思います。
  • 漫談形式の授業での雑談が非常に役に立った。あっという間の90分授業でした。ある程度授業でTOEFL対策やってほしかった。
  • アメリカのことや、様々なことがわかったのはよかったが、内容が簡単なため、楽ではあったが、自発的に勉強しなかった。プレゼンテーションはなかなかできないことなのでやってみたかったと思う。
  • 先生の大らかさみたいなのが先生っぽくなく好きでした。自分みたいな人間は好きなのでこれからも続けて下さい。ありがとうございました。
  • この講義を聞いて最も役に立ったことは、授業内容よりも漫談の内容の中に多く含まれていた。なので、感覚的に、授業に来るというよりも、漫談を聞きに遊びに行くという心がまえで授業に参加していた。こういった形式の授業もアリだと思った。
  • 今で十分よいと思います。後々どのような道にすすめるかや、海外のことについての漫談は、僕らが現時点まででは体験できないことを知れるので、非常によかったです。絶対に漫談はなくさないべきだと思います。この前期で、先生の漫談が一番ためになったと僕は思っています。
  • 本や論文の読み方、ニュースの聞き方等を習ってきて、生きた英語というものに触れたので、とても英語を勉強したいという意欲が湧いた。英語での生活が楽しそうに見えた。ただ、そのための実力がついたかどうかは疑問。もう少し、演習を取り入れた授業だと、もっと良かった。
  • 楽しくてとてもよい授業でした。1限からで、出席するのが大変でしたが、休まず来れる授業でした。ただ、Voice Chatを1人でやった時がなかなかこどくでさみしかったです。でも、全体的によい授業でした。剛先生の授業でよかったです。ありがとうございました。
  • 実用的に使えるもの、自分の感心のある話題がもり込んであり、たのしい授業でした。漫談も決してムダではないと思います。

Friday 3rd period, English II-C (speed reading and presentation bootcamp), nursing freshmen
  • プレゼンのパワーポイントへのコメントをもっと早くつけてほしかった。海外での地図の読み方やVoice Chatなどができてとてもためになる授業だったと思う。
  • 1人ずつ(又はチームずつ)個別にアドバイスをもらえたのが嬉しかったです。どうせならもっとアドバイスして欲しかった…
  • 先生の話がおもしろかったし、自分でしないといけない授業だったのでよく勉強できたと思う。Callが楽しかった。
  • この授業を通してプレゼンの方法を学べたのは非常に良かった。後輩たちもぜひプレゼンをやるべきである。これからの大学生活においてきっと役立つ。
  • チームメイトを学生どうしで選ばせるのは一人になっちゃう人とかがでるかもしれないのでよくないと思いますが、first nameできめるのはすこしドキドキ感に欠けます。もっとドキドキ感をあじわいたかったです。
  • 改善することはないです。素晴しかったと思います。
  • 授業中にPCをつけられないようにした方がより集中できると思います。
  • プレゼンはやるべきだと思う。が、準備期間はもう少しあっても良かった気がします。小テストも良かったと思う。
  • チームメイトにめぐまれればいいですが、そうでないと悲しむ人がいます。プレゼンは途中経過についてもちゃんと調べた方がいいと思う。
  • テストではなくて、プレゼンテーションを重視するので、他の授業では得られないものがここにはあると思う。英語に親しみながら学習できて、自分のペースで進めていける。有意義な授業であると思う。
  • 先生のやる気を感じる授業でした。来年ものりこさんとシロクロとがんばって下さい。
  • 試験の割合が低いのは、英語を学ぶということに構えがなくなり良いと思った。手をあげさせるのは、「参加している」という意識を持てて良い反面、手をあげなかった人のことをムシしている気がする…(?)シロクロかわいくてよかった。
  • 英語でプレゼンをするのはとってもいい経験になったと思います!!ぜひ後輩にもやってほしい☆準備段階だけでなく、その後にみんなからもらうコメント用紙もうれしかったです♪先生の授業はすごくリラックスした感じで強制感がなく開放的だったので、出席をとる普通の授業よりも「行こっかな☆」って気になりました。私はあまのじゃくなので(笑)、出席をとられて管理されてるかと思うとうんざりしちゃうんです >_< あと、やっぱり家から出たくない日とか、何もする気がおきない日とか、フラれちゃった次の日とか…大学生にはそういう日もあるから「全部出ろっ!!」ってのは正直きついです(苦笑)先生の授業スタイル好きです[ハート] 後期もぜひとりたいので、またよろしくお願いします☆
  • パソコンを使っての授業とかがあって英語以外でもいろいろ上達できたと思う。プレゼンテーションは全て英語で英語力が付いたと思うし、発表は達成感があっていいと思う。学生どおしでプレゼンを作るというのはよかったと思う。先生の話がおもしろかったし、熱意があってよかったと思う。
  • 全体的にすばらしい授業だったと思う。この授業に対して、困ったり苦痛に思うことはひとつもなかった。私たちにとてもわかりやすく英語を話してくれたり、役に立つ情報(プレゼンに関してや、英語の文献を読むにあたっての)も教えてくれたりと、本当に有意義であったと思う。毎回の授業がとても楽しかった。来学期以降もぜひこのまま続けていってほしいと思う。
  • 問39について、英語とか中国語とか語学の授業は自分の気持ちを相手に伝えるための手段を学ぶ場所だと思います。だから、私だったら先生のいない授業なんて全く魅力を感じないし、その点で剛先生の授業はとても良かったです。プレゼンを通して、英語で人に何かを伝えることのむずかしさや、伝わらなかったときのもどかしさを学ぶことができました。
  • とても楽しく、プレゼンなどのためになる授業でよかったと思う。ただ、自分の英語能力がアップしたとはとうてい思えないし、言えない。だから、こういったスタイルを保ちながらも、英語のリーディングなり、スピーキングなり、ヒアリングなり、どれか高まるようなものに工夫していければもっと良いかと個人的には思います。
  • 社会にでてから、プレゼンできる能力ある人物というのは必要にされると思いますし、いくら自分で良い研究成果、アイディア浮かんだとしても相手に伝える能力が無ければ意味が無いと思います。そういう意味で、剛先生の授業を受けれたことに、すごく感謝したいです。パワーポイントの使い方、色々な場でプレゼンをするための基礎知識が身についたと思います。「英語によって、プレゼンを学ぶことの、最も重要な利点は、主張をはっきり述べる能力が身につくことにあると思います。日本語であると、どうしてもオブラートに包んだような表現になってしまうんではないでしょうか。しかし英語で一度学ぶと、多少きつく感じるかもしれませんが、はっきりとした主張ができるようになると思いました。」このことが剛先生の授業から学びとったことです。決して、自己満足になるのではなく”はっきり主張し、相手に伝えることが能力”。ありがとうございました。
  • 4月から先生の授業を受けてきて、とても楽しかったです。英語を授業として教えるより使える、役に立つ英語を身につけてほしいとしている先生の方針はとても良かったと思います。プレゼンテーションでも私は昔から人前に出るのが苦手で発表はあまりしませんでした。今は昔に比べたら、人前に出ても平気だし、自分的には改善できたと思っていました。けれども、いざプレゼンをしてみるとみんなからのコメントに「もっと自信を持って」や「アイコンタクトがない」と書かれてしまいました。自分にはもっと直すべきところがたくさんあるんだと感じさせられました。このように自分の気づかない行動に気づけたのはこのプレゼンが(授業)あったからだと思います。ただ一つ言いたいのは、先生はパソコンの進みが早いです。パソコンが苦手だという人も中にはいるのだということをもう少し考えてください。
  • 高校の授業で英語の本を読むことはあったが、本のどこにどういう内容が書かれているかということは習ったことがなかったので勉強になった。また、プレゼンも準備は大変だったが、やり遂げた後の気持ちよさを味わえたので非常によかった。私はこの授業に不満は全くありませんでした。
  • 先生の授業はとてもおもしろかったです!!プレゼンを行う過程も楽しかった。でも、先生が英語を話す機会が少なすぎて残念だった。せっかくなのでたくさん聞きたかったです。チームフォルダの活用がとても良かった。何よりも作業しやすくて、便利だった。…今日のエアコンが寒スギ…(笑)
  • 英語は嫌いだし、苦手だけど、剛道場での英語はすごく楽しかったです。プレゼンテーションを作るためにチームのみんなと協力したことで得た満足感は最高です!!ちょっと大変だと思う時もあったけど、宿題の量もプレゼンについても適度だと思います。剛先生のキャラとか漫談もなかなか面白いし、こういう授業ばっかりだったらいいなぁ。
  • 色いろな話も聞けてすごく良かったです。英語すごいなあと思いました。前にパソコンで英文を読む課題がありましたが、多すぎると目がつかれてきちゃうのでプリントみたいにしてほしいなあと思いました。プレゼンテーションすごく楽しくて良かったです。でもやりたいテーマごとに大まかにグループを分けてもいいかなって思います。
  • 一冊の教科書をやるのではなく、本当にこれからやらなくては、知らなくてはいけない英語の知識まで身につきました。楽しかったし、プレゼンを通して友達も増えました。だから、後輩にも同じ様な授業をやってほしい。でも、もう少し、生徒がしゃべる(英語を)きかいをふやしてもいいと思いました。この40番の合宿があるんだったら、本当に行きたいなと思います。やるんですかっ?英語力はこの授業でのびたかは分からないけど、他のreadingよりは、絶対ためになったし、楽しかったのが何よりです。けっこう自由にやらせてくれる所が多くて、私はCALLがGoh先生でよかったなと思いました。native speakerを呼んだ方がいいと上のアンケートには書いたけど、先生はほとんどnativeってぐらいしゃべれるから別にいいと思うけど、他のもう一方の英語のクラスは、絶対呼んだ方がいいと思いました。4ヶ月間ありがとうございました。
  • 「授業」というよりも実用的な技術の手ほどきを受けたような感覚で、自分にとって大変有意義な授業だった。2学期も抽選にもれなければ剛先生の授業を受けたい。英語でプレゼンテーションを行う、というスタイルが他のクラスにはなく新鮮に感じた。ただ、チームの人数をもう少し増やして、プレゼンだけで授業の多くを費やすのではなく地図の見方や本の読み方などといった外国で日常生活をおくるのに役立つ話なども今回より更に扱うと良いと思う。
  • 剛先生の明解でわかりやすい説明、ハッキリとした発声などとても素晴しかったと思います。そして学生を授業に参加させる工夫も良かったです。講義全体を通して、英語を学んだだけではなく、人前で話す人としての態度など多くのことを学ぶことができました。僕はこの授業に苦情や不満はまったくありません!本当にこの剛道場に参加できたことをうれしく思います。剛先生、ノリコさん、短い間ですがありがとうございました!これからも楽しく授業を展開していってください!
  • 問34、35について、成績のつけ方は確かに絶対評価の方がよいが、先生によって違いすぎるので不公平を感じる人が出たのだと思う。それぞれの科目ごとに先生方が基準を合わせることができれば、クラス内は絶対評価でもよいと思う。グループワークは専門の授業でいつもやっているので、個人のプレゼンテーションの練習をしたかった。いろいろなグループのプレゼンテーションを見てからの方が、自分たちのプレゼンテーションにも役立てることができ、ためになったと思う。最後の方にすれば良かった。
  • プレゼンはとてもためになった。作業の流れも大体であるが覚えられたし、人前に立って発表したのもとてもいい経験だった。大変だったが、終えたらとても達成感があった。また、他専攻の人と話すこともできたので、友達組むのではなくてよかったと思う。アメリカの地図の見方や本の見方など、けっこう実用的なことを教えてもらえて、これから役に立てばいいなと思う。発音のチェックをしてもらったのは、とてもためになったから、もっとチェックする機会を増やすといいと思う。
  • じょうだん混じりに話を進める点は非常によい。従来の授業スタイルにとらわれていないのは非常によい。期末試験の配点が10%だったのは非常によい。もっと人生について、我々の将来について役に立ちそうなことを話した方がいい。
  • この授業はスゴ〜ク有意義で楽しい授業でした。英語の授業といえば……ただひたすらにモクモクト長文を読むという印象でしたが、この授業は、とても活き活き[ダイヤモンド印]としていたと思います。地図の見方、電子図書の検索方法など実際に役立つ情報が得られたのも良かったし、何か授業が自由で開放的だったのがスゴク気に入りました[ハート][ハート][ハート]この英語IIは必修でおとせない授業であったはずだけど、毎週くるのが楽しみ[ハート]でした。パソコン苦手なので最初とまどったけど、チャント確認しながら進んでくれて安心しました。プレゼンも最初「え〜っ!!!」と思ったのですが(実は……)やってくうちに、メンバーとも仲良くなれたし、イロイロと話し合ったりしてだんだん楽しくなってきました→[ハート]。また、機会があったらぜひ授業受けたいッス!!!!!!
  • 漫談は最高だった。改善すべきところなどない。強いていうならばのりこ先生の出番がもう少しあっても良かった。自分の得技(人前でしゃべり笑いをとる)が出せて本当に良い授業だった。楽しく勉強ができるなんてそんないいことはめったにない。ありがとうございました。
  • 最初ははっきり言うとひきました。でも先生の熱意がものすごく伝わってきて、ムダだなと思うような話もおもしろく、私にとってとても楽しい授業でした。英語力がついた気はそんなにしませんが、有意義な時間が過ごせて、人間としての経験値は上がったと思います。これからもそのような授業をして下さい!
  • とにかくおもしろい授業だったので授業を受けるのが楽しかった。また、先生の英語の発音はとても素晴しいと思いました。プレゼンやボイスチャットにもわかりやすくて適格なアドバイスをいただきました。正直、英語力がついたのかどうかは自覚がないですが、プレゼンなどを通して、それ以上に必要なもの(社会に出て行くにあたって)を学べたような気がします。楽しい授業をありがとうございました。ちなみにシロクロはかわいかったです。
  • この授業はプレゼンの(しかも英語で!!)能力もつけられるし、剛teacherは楽しいし、受けることができて、本当によかったと思います。道場に行けば、いいこともあるみたいだし!!でも、最初の方の授業は少し何をしたかったのかが、わからない時もありました。しかし、全体としてはとても良い授業だったと思います!!これからもがんばって下さい!!
  • 小テストは、課題を読んでこないでもできたのであまり意味がなかったような気がした。先生の声はとても聞きとりやすく、わかりやすく話してくれたので、今自分が何をやるべきなのか理解しやすくて良かった。また、話も面白かったので楽しい授業だったと思う。
  • このままでもすごくいいと思います!漫談も好きだったし英語がすごく上手だったし楽しかったですー。あ、授業で先生が色々な説明の際に使うスクリーンで、もう少し和訳っぽいものを入れてくれるとより内容が分かりやすくなると思います。あと、みんなのプレゼン中にパソコンいじってる人がけっこういて、ちゃんと聞くように促したらいいと思いました(>_<)前から見てもあんまりいい気がしなかったので…。
  • 最初は、剛先生の独特のテンションや空気についていくので精一杯だったが、慣れてくると、とてもおもしろかったです。グループでのプレゼンも新しい友人ができたし、みんなの前で発表する機会も得られたし、とてもよかったと思います。ありがとうございました。
  • 他のクラスのCALLの授業内容を聞くと、剛先生の授業はすごく良かったと思う。先生とのコミュニケーションもとりやすかったし、何か質問があれば気軽にメールで聞いたり道場に行けたりできて助かりました。先生に会わずに授業を受けるなんて考えられません。特に剛先生の授業はまた生で受けたいです!!
  • 前半の小テストの予習がWeb上にある時、アクセスできなかったり、URLを忘れたりして大変だったので、プリントにしたりしてほしい。あと、テストの比率をもう少し上げた方がきついけど学生のためになるのではないか。
  • 後半のプレゼンの授業は英語を聞きとろう、話そうと個人個人ができて有意義であった。プレゼンの作り方も学べた。私一個人としては、5月頃の地図の読み方のような授業はやや物足りなさを感じた。
  • 最初にこの授業を受けた時、北大にもこのような英語の先生がいるんだ、とわくわくしたのを覚えています。なんと言っても先生は海外経験が豊富で、英語が上手なのはもちろん、ジョークや雑談も混じえた授業は、ユーモアあふれる明るい雰囲気のアメリカの授業にそっくりで、10ヶ月間だけアメリカで暮らしたことのある私はとても懐かしく感じました。楽しみながら英語を勉強すると上達も早いので、とても良いことだと思います。また、1年のうちから英語のプレゼンを経験できたことも良かったと思います。ただ私は後悔ばかりが残ってしまったので、今度英語III(抽選にならなければ)でリベンジしたいです。その時は、またどうぞよろしくお願いします。とりあえず、半年間お世話になりました。

Friday 4th period, English Seminar F (presentation bootcamp), any student or staff
  • もっと僕らの名前を覚えてください。特定のグループのみにからむのは、えこひいきを感じると思います。英語でプレゼンは初めてでしたが、貴重な”財産”になったと思います。漫談は続けて下さい。面白いので。宿題(小テスト)をやる必要は無いと思います。なくても皆特別な事情がない限り出席すると思うからです。最後に打ち上げ案が出たのも、皆が達成感を感じたからだと思います。チーム分けは是非ランダムで!(その方がダラダラしないと思います…)ありがとうございました。
  • 39のような授業は絶対やめた方がいい。教師という存在を取り違えているとしか言いようがない。正確無非のロボットよりも、ミスがあっても心のある人間の方がいい。教師は生徒に技術や知識を伝達するだけが役目ではない。お互いのためにも、1人の人間としての関係を築ける授業がいい。漫談は面白かったが、一応授業なのでもう少し減らした方がよい。せっかくいい発音をしているのだから、もっと英語を話してほしかった。オマヶ:中国や朝鮮が強かったら日本は攻めこまなかった。というのはおおいに怪しい。日本は現にロシアやアメリカに攻め込んでいる。ロシアはともかく、アメリカは物質力ではるかに勝っていることを知りながら、”精神力で勝つ”などと言って戦争をしかけた人々なので。
  • プレゼンテーションの過程(準備なども)含めて何か得るものは大いにあったと思います。個人的には、本格的なプレゼンテーションを行う前(今回の10〜12分のプレゼン)に、簡単なプレゼン(3〜5分程)をやってみるのは1つの選択肢として有るのではないかと思いました。
  • チームの3人のうち2人がネットにつながっておらず作業がなかなか進まなかった。
  • 特に悪い点はなかったと思う。話も面白いし、Presentationの添削も丁寧だった。オフィスアワーも他の教員とちがって明確に示されていたから、授業外でも質問しやすくて、良い。
  • 発表までの授業は先生がしゃべってるのがほとんどだから退屈な時もあったし、よく寝てしまいました。パソコンをつかってプレゼンの練習をした時は作業に集中できた。プレゼンを始める時期は適切だったので、前半(3ヶ月間の)にもっと生徒に何かをさせる、あるいはあてたりしたら楽しいのではと思います。
  • 自分たちの発表のslide, talkともに、丁寧にコメントをしていただき、すごい感激してしまいました。未完成のところでコメントをいただけたのですが、その後の改良に役立ちました。プレゼンテーションの方法は、英語に限らず、日本語でも、このような講義形式で、きちんと習ぶ機会は少ないです。これは英語の授業ですが、日本語のプレゼンにも役立ちそうです。ありがとうございました!
  • 授業はとても楽しく、また内容も充実していました。プレゼン力向上の目的を果たすことができる授業だと思います。そもそも準備段階での先生の講義で、プレゼンにおける注意点を要領よく(分かりやすく)理解できました。生徒同士で批判、評価しあうスタイルが良かったと思います。ただきくだけではなく、注意して他人のプレゼンを見ることができ、”人のふり見て我がふり直す”ことができます。本当にたのしい授業でした。機会があればぜひまた剛先生の授業をうけたいです。
  • 使用した教室に、やや問題があると思う。→横に広い教室なので、(スライドは見やすいが)プレゼンを行うには(ポインタを左右に振らなければならないため)不便だと思う。→ドアが「前」にあるため学生の出入りが気になる。遅刻、退出は自由で良いと思うが、「前」から出入りされると気になってしまう。「プレゼン」について、とてもよくわかり、(発表まで大変だったが)参加して良かったと思う。機会があればまた参加したいし、考えている人がいればぜひ薦めたいと思う。
  • 総じていい授業だったと思う。いい点は具体的には、1つは漫談。剛先生の考え方がモロに伝わってきてよかった。僕は教師という人は学問のみならず人間的な点でも伝えるものがあるべきだと思うのでそれにかなっていた。稀有な先生だ。1つはプレゼンの形式。3人1組というのは丁度いい数だった。お陰で友人も増えたしPower Pointの使い方や発表形式もわかった。敢えて改良点を挙げるとすれば、対応のスピードだと思う。僕らのチームフォルダがエラーが起こるようになっていたのは結局直されなかったし、コメントが帰ってくるのももう少し早めだともっとよかった。ある程度練習した上で直前で変更せねばならない点が結構でてきたのは辛かった。
  • テーマによって、大量に調べないといけないもの、あまり調べなくてもできるものなど、目に見えない努力に差があるように感じた。テーマえらびのアドバイス。
  • おもしろい。何か元気になる。先生のおしゃべりはすごいと思った。ヘッドホンで自分の声をきくのは何故か照れる。(←関係ないですが。)でも今回の英語の授業はあまり英語をつかわなかったのが、英語演習ぽくなかった。でも、ワードとか、パワーポイントの使い方は役に立つなぁと思った。
  • 今まで受けた英語の授業の中で1番おもしろく印象に残る授業でした。苦情なんて何一つありません。今日(7/15)の3限に、大学院の先輩のポスター発表の練習を聞きに行ってきました。(7/31から札幌で開かれる国際哺乳類学会(IMC9)のためのものです。)この講義を受けたおかげで研究発表する際に何が良くて何を改善すべきなのかが、よくわかりました。実際にIMC9を聞きに行きますが、先生から教わったことを思い出しながら勉強してきます!どうもありがとうございました!!
  • 英語の授業なので、もう少し通常の授業時間内(プレゼン発表以外)で英語を聞く機会、はなす機会が多くてもいいと思いました。プレゼンに関する参加型の練習をもう少ししたかったです。発音練習などはとてもためになりました。
  • よい見本としてのFrank L.WrightのPresentationの例がありましたが、悪いプレゼンテーションの見本というのも剛先生が示してみるのは効果的だと思います。プレゼンテーションファイルの添削には感動しました。さぞやたいへんだったと思われますが、学生にとっては最も効果的な教育だったのではないかと思います。今後も可能な限り続けてあげてください。自由な発想が喚起される素敵な授業でした。よい刺激を受けました。
  • チームメイトが他学部で時間の都合をつけたりするのは大変でしたが、うまいことやりくりするのも楽しかったです。
  • 非常に興味深く、良い授業だったと思います。これぞ大学の授業、といった感じでした。これからもこのスタイルで続けていって頂いて全く無問題だと思います。
  • ボイスチャットはよかったと思う。→自分の発音をチェックできるので。もっとたくさん口に出して話してみるという機会があってもよいと思う。
  • 声の録音はとても楽しかったので、毎回授業でやると英語力にいいと思います。日本語での授業だったので、入りやすかったのですが、中盤くらいからは英語も少し聞いたり話したりすると良いと思います。授業紹介本(言語文化部の)で、先生のがとても面白く書かれていたので、履修しました。内容が少し違ってるかもと今思うのですが、実際の方が楽しかったです。