Topics in language acquisition


2013 fall, wed6, imc-101


On 2014-01-08, I teach the 13th out of 15 class sessions taught by 8 instructors. The description below relates to my lecture.

who should take this lecture

Stacks Image 50
Consider attending my lecture if you seek a brief introduction to:
  • the theories and analytical methods of phonetics
  • the historical development of the study of phonology

before taking this lecture

To succeed in this course:
  • you must have completed the graduate course Introduction to language communiation
  • you must have English language skills sufficient to:
    • read the course material
    • understand the lecture

after taking this lecture

You will become able to:
  • describe the theories and analytical methods of articulatory phonetics, acoustic phonetics, and auditory phonetics
The lecture, slides, and reading assignment will be in English. The writing assignment and/or quiz may be submitted in either English or Japanese depending on the student's preference.

language

During this course:
  • you may participate in class in either English or Japanese

when, where, what

We meet:
  • in 2013 fall semester
  • during wednesday 6th period
  • in room imc-101
  • my lecture is on 2014-01-08

background reading

These audio files, movies, and articles provide background for my lecture. In particular, view and listen to some movies, pictures, and audio files in Ladefoged's book. View some sounds of American English at the the University of Iowa's website. Read the introduction at Macquarie's website. Download fonts for IPA (international phonetic association) symbols if you're interested.

Consider these 2 questions:

  • What aspects of spoken language deserve study? Why?
  • Identify single letters in the Japanese kana alphabet or the English alphabet that are redundant given the sound structure of their languages; also identify multiple letters that are combined to represent sounds that would be more economically represented with a single (possibly newly created) letter.

course offering

mark_ore 科目名[英文名] Course Title
   [Topics in Language Acquisition]
言語習得特論
mark_ore 講義題目 Subtitle
  
mark_ore 責任教員[ローマ字表記](所属) Instructor(Institution)
上田 雅信[Masanobu UEDA](大学院メディア・コミュニケーション研究院
mark_ore 担当教員[ローマ字表記](所属) Other Instructors(Institution)
上田 雅信[Masanobu UEDA](大学院メディア・コミュニケーション研究院)
河合 靖[Yasushi KAWAI](大学院メディア・コミュニケーション研究院)
奥 聡[Satoshi OKU](大学院メディア・コミュニケーション研究院)
坂間 博[Hiroshi SAKAMA](大学院メディア・コミュニケーション研究院)
高見 敏子[Satoko TAKAMI](大学院メディア・コミュニケーション研究院)
河合 剛[Goh KAWAI](大学院メディア・コミュニケーション研究院)
小林 由子[Yoshiko KOBAYASHI](国際本部留学生センター)
小河原 義朗[Yoshiro OGAWARA](国際本部留学生センター
mark_ore 科目種別
      Course Type
 
mark_ore 他学部履修等の可否
      Open To Other Faculties / Schools       

----  

mark_ore 開講年度

      Year

2013 

mark_ore 開講学期

      Semester

2学期

 

mark_ore 時間割番号

      Course Number       

083101  

mark_ore 授業形態

      Type of Class

 

mark_ore 単位数

      Number of Credits       

2  

mark_ore 対象年次

      Year of Eligible Students

1


mark_ore 対象学科・クラス

      Eligible Department/Class       
国際広報メディア専攻 
mark_ore 補足事項
      Other Information

mark_ore ナンバリングコード
      Numbering Code

mark_ore 大分類コード
      Major Category Code
mark_ore 大分類名称
      Major Category Title
mark_ore 開講部局
     

 

 

 
mark_ore レベルコード
      Level Code
mark_ore レベル
      Level

 

 

mark_ore 中分類コード
      Middle Category Code
mark_ore 中分類名称
      Middle Category Title

 

 

mark_ore 小分類コード
      Small Category Code
mark_ore 小分類名称
      Small Category Title

 

 

mark_ore 言語コード
      Language Code
mark_ore 言語
      Language Type


 



spacer
mark_ore キーワード Key Words

 
母語習得、第二言語習得、学習支援、
mark_ore 授業の目標 Course Objectives
この授業では、言語コミュニケーション概論に続いて、言語習得・第二言語習得(学習)の分野からいくつかのテーマを選び、その内容をさらに掘り下げて学ぶことを目的とする。取り上げるテーマはいずれも各回の担当者の研究テーマや関心に深く関わっているもので、言語習得(学習)を中心にして相互に緩やかに関連している。したがって、将来、受講者が言語習得(学習)に関わるどのようなテーマで研究を進めるとしても、知識を持つことが有益であり、かつ必要でもあるものばかりである。
 
mark_ore 到達目標 Course Goals
受講者が各自の視点から個々の講義の内容を分析的に理解し、再統合することによって、言語習得・第二言語習得(学習)研究の全体像を理解すること、そしてその全体像の中で受講者が自分のテーマを発見したり、位置づけたりできるようになることを到達目標とする。
 
mark_ore 授業計画 Course Schedule
【授業計画・内容】
第1セクション  母語習得(第1週〜6週)
1.
言語習得研究  (1)上田 雅信
2.
言語習得研究  (2)上田 雅信
3.
統語と意味   (1)奥 
4.
統語と意味   (2)奥 
5.
音声・音韻   (1)坂間 博
6.
音声・音韻   (2)坂間 
第2セクション  第二言語習得(学習)(第7週〜10週)
7.
第二言語習得研究  (1)河合 
8.
第二言語習得研究  (2)河合 
9.
第二言語習得と教育 (1)小河原義朗 
10.
第二言語習得と教育 (2)小河原義朗
第3セクション  第二言語習得(学習)支援(第11週〜15週)
11.
認知心理学的視点からの学習支援 小林 由子
12.
学習科学的視点からの学習支援   小林 由子
13.
音声言語学習 河合 
14.
英語コーパスの教育的利用 (1)高見 敏子
15.
英語コーパスの教育的利用 (2)高見 敏子
 
mark_ore 準備学習(予習・復習)等の内容と分量 Homework
積極的かつ主体的な準備学習(予習・復習)が求められる。準備学習への取り組み方全般については、学期初めに担当教員から説明があるほか、各回の担当者が予習あるいは復習用の課題を授業時あるいは授業前に指示する。各担当者の指示に従うこと。
 
mark_ore 成績評価の基準と方法 Grading System
各担当者が課す課題/レポートの評価と平常点を総合して最終的な成績を決定する。課題/レポートに関しては各担当者の指示にしたがうこと。ただし、3分の2以上の出席を単位修得の条件とする。
 剽窃等の不正行為が発見された場合は、この科目の単位を認定しないことを含む処置をおこなう。
 
mark_ore テキスト・教科書 Textbooks

 
mark_ore 講義指定図書 Reading List
参考文献その他の資料は、各講師が担当する回に紹介・配布する。
 
mark_ore 参照ホームページ Websites


 
mark_ore 研究室のホームページ Website of Laboratory

 
mark_ore 備考 Additional Information 

 
mark_ore 更新日時 Update
2013/01/15 14:55:29

lecture material

  • Slides
    • in preparation (I might not make slides for this class)